銀の海星

手編み講師の資格を持ち、30年以上ニッターのお仕事をしてきました。これからは自分の編みたい物を編んで楽しみたいと思います。試行錯誤、失敗もあるかもしれません。お付き合いいただければと思います。

初めての「浮き目」

本当は2色のところを 3色使うので 色の配分が難しい。

20g使ったところでピンクに変えた。


レシピによると端に浮き目が入る。

私はここで初めて「浮き目」を知った。

そして「端3目はゆるめに編む」とある。

浮き目ではきつくなる。そもそも手がキツイ私に「ゆるめ」とう

抽象的な目は難しい。不可能に近いのである。

そこで考えた。

浮き目をかけ目に変えてみた。

もちろん編まずに外すだけ。このかけ目分がゆるめを作り出す。

しかも常に一定のゆるめが確保できる訳で、端目も揃っている、でしょ?

必要は発明の母、なのだ。


玄関先のアジサイ。

この潔い白さがすがすがしいね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。